張り合わせ加工のお洋服は接着樹脂の劣化により3年から5年でお洋服に剥離やべたつきの様な異常が出てきます

張り合わせ加工とは生地の表面に薄いフィルムを張り付けるラミネート加工や2枚以上の生地を接着樹脂で張り合わせるボンディング加工等が使われているお洋服です

はい、最近のお洋服では表の生地と裏側の生地が違う素材であったり、水を通さない素材等が多く使用されております。

実は着用していない場合でも生地が生産されてから数年後には必ず劣化してしまう生地のお洋服があります。
それが張り合わせ素材のお洋服なんですね。

生地の表面に薄いフィルムを張り付けるラミネート加工や、2枚以上の生地を接着樹脂で張り合わせるボンディング加工等が施されているお洋服は、違う生地を張り合わせる事によって、デザインの幅が広がりファッション性が上がったり縫製せずに縫い目をなくすことによって保温性や防水性を高める事が出来ます。

ただ、生地の張り合わせに使っている接着剤のポリウレタン樹脂は時間が経つにつてれ例え使用していない場合でも生産後に数年で劣化するんですね。

おはようございますオノウエです。
お洋服を購入する際には、実際に店頭でスタッフさんから生地の説明をされる事は殆どありませんのが現状です。

ですのでこの様な生地の存在をご存知の方が少ないのは仕方ありませんね。

ラミネート加工やボンディング加工等の張り合わせ素材は永久に持つ訳ではではなくフィルムや接着樹脂の劣化により3年から5年で剥離やべたつきの様な異常が出てきます

お洋服を購入する時に生地が時間が経ってしまうと劣化してしまうとの表記がありますお洋服はかなり少なく、購入されたお客様のほとんどの方は知りません。

ここで注意したいのは生地が製造されてから3年から5年で剥離やべたつきの様な異常が出てくるのであって、購入してからではないんですね。

ですので最近購入したお洋服でも直ぐに剥離やべたつきの様な異常等が発生する事が実は結構あるんです。

しかし、お洋服の寿命である剥離やべたつきの様なこの現象が出てしまったら生地の寿命ですので、直す事も出来ませんしもうどうしようもありません。

この張り合わせ素材や合成皮革の様に時間が経ってしまうと壊れてしまうお洋服の生地もあるという事も、お洋服を購入するうえでは是非とも知っておきたいですよね。

今回の張り合わせ素材のお洋服の染み抜きは上手くいきましたが、場合によってはお洋服の寿命を縮めてしまう事にもなりかねませんので慎重に行う必要があります。

お預かりの際には事前説明は致しますが、素材の特性である剥離やべたつきの様な異常が出てきた時にはこのお洋服はもうダメだなと思ってくださいませ。

よく分からない時にはこちらでお伺いいたしますね♪

【お洋服のご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。