ストライプ柄のシャツに付いてしまったお家で洗っても全然取れない大きな黄色いシミはとれますか?

普通に洗ってもクリーニングしてもそれだけでは落ちないシミは漂白が有効ですがストライプ柄の場合にはラインが消えない様に注意が必要です

はい、お洗濯しても取れないシミの殆どの場合がペン等のインクや時間が経ってしまったタンパク質のシミが多いのですが、これって中々ちょっとやそっとでは落とす事は出来ないんですね。

そんな時の次に行う対処法としては、他の場合でもそうなのですが普通に洗って落ちない色素のシミへの対応の殆どが漂白するという方法になります。

漂白には酸素系漂白と塩素系漂白と還元漂白があります。

お洋服の場合には基本的には酸素系漂白剤が最も有効であり、使い方次第でかなり強力になりますが取り扱いの難しいお洋服に使用出来る塩素系漂白剤等も有効です。

還元漂白剤は塩素などで赤茶色に変色してしまった場合の色戻し等に使用されます。

ここで間違えやすいのがキッチン用の塩素系漂白剤をお洋服に使ったりする事です!!
使用方法を間違えない様にシッカリと説明書きを読んでから使用致しましょう。

ちなみに泥汚れや墨汁などには漂白は殆ど効果がありません。

泥汚れや墨汁などは元は水にも油にも溶けない粒子状の固形物ですから、漂白して溶けて無くなる漂白の効果のあるシミにしか漂白は効かないので効果が薄いんですね。

おはようございますオノウエです。
今回のシミは恐らく酸化したタンパク質汚れのシミですので漂白の効果が期待出来るハズなのですが、それよりも前に行う事があるんです。

 

時間が経ってしまったタンパク質の場合には湿度と温度等の影響により酸化してかなり取れにくい膜が形成されている可能性があります

食べこぼしと思われるタンパク質シミの場合には酸素系の部分的な漂白などを行ってシミを取り除くのですが、湿度と温度の影響を受けた上に更に時間がかなり経ってしまっているシミの1番上には強力な油膜が形成されております。

先ずはその油膜を取り除かなくてはなりません。

しかし色柄物のストライプのラインの入ったお洋服の場合にはそのラインの色の色素(色)が傷んでおりますと漂白時に色が変化してしまう事があります。

そうならない為にも早めにタンパク質の汚れやシミは取り除かないといけないのですが、時間が経って取れない汚れに変質してしまう様なもう起こってしまった事は仕方ないですよね。

ですので出来る限り注意しながら少しづつシミを取り除いていく必要があります。

その時には酸素系の漂白だけではなく、最も生地に負担を掛けない染み抜きの方法の1つである酵素の力も利用した染み抜きを使って取り除く事も可能なんですね。

この強弱の力を上手く使いシミを取り除いていきます。

と言う訳で綺麗になりました!

もしも早めの染み抜きの対応が間に合わなくて取れないシミになってしまってもご相談下さいませ♪

ではでは~。

遠方の場合の衣替えの染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。#鬼桐さんの洗濯 #ふかさくえみ 

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。