お洋服の色が擦れたのか汗の汚れなのか無くなってしまい白くなっているのは直りますか?

部分的にシミが出来た時に擦ってしまいますと生地よっては擦れて摩擦によりお洋服の生地の色が変化しやすいです

はい、お洋服の生地の色が抜けた様に白けてしまう場合の殆どが、その部分にあったシミや汚れを取ろうとして擦ってしまい部分的に過度なダメージを生地に与えてしまった事が原因です。

その他にも洗剤や漂白剤等を高濃度で使用時に化学変化により色が抜けてしまったりも致します。

ピンポイントで付いてしまった汚れにはどうしても過度な処理をしてしまいがちですが、プロの染み抜きでも気を付けないといけない事は他の大丈夫な生地の部分との境目が出来ない様にする事です。

おはようございますオノウエです。

どうしてもお気に入りのお洋服だけは何とかしたいとついつい力が入ってしまいがちになりますが、特に濃色や原色使いのお洋服の場合には生地や色のダメージには注意が必要ですね♪

 

もしもお洋服に擦れやアタリ等による物理的なダメージが発生してしまったり洗剤や漂白剤により色(色素)が変化してしまっても何とかなる場合もあります

何とかなる場合が殆どですが稀にどうしようもない時があります。
その状態は生地そのものが変化してしまいその変化の時に色も変化してしまった場合です。

生地の傷みだけはどうしようもありませんが、その段階の一つ手前の生地が痛んでしまう直前なら何とかなる場合も多く修正が可能なんですね。

今回は向こう側が透けて見あるぐらいの超薄手の生地ではありましたが、生地自体のダメージがまだ修復出来る範囲でしたので部分的な色修正で対応する事が出来ました。

この様にメンテナンスを行う事によってそれ以上は酷くなってしまわない様に改善する事が可能です。

もしも生地目が開いてしまったり擦れにより細かい糸が切れてしまい白く見えてしまう白化現象が起こってしまったらご相談下さいませ。

色修正は無くなってしまっていた色を染色補正する事でお直しする特殊技術です。

もしも色が無くなってしまっても無くなった色を再び足す事により元に近づける事が出来る技術もありますので是非ともお声掛けくださいませ♪

【色が抜けたり変色してしまったお洋服のお直しのご要望はコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。