夏物衣料の特に淡色系のお洋服はシミが残っておりますとそこから黄色くなったり等の変色が起こりやすいです

夏物衣料の衣替えお仕舞クリーニングは後から黄ばみ等が浮き出てこない様にシッカリと汗やシミ取りのメンテナンスを致しましょう

はい、最近では朝晩と急に冷えこんでくるような日もちょいちょい出てきましたね。
もうそろそろ夏物衣料のお仕舞洗いクリーニングも考えて着用するお洋服も選んでお出かけする感じですね~。

特に夏物衣料のお洋服の場合には、襟元の汗や皮脂汚れの他にも前立ての食べこぼし汚れ等もシッカリと取り除いておきませんと後から黄ばみとして浮き出てくる事があります。

黒い汚れの場合の成分は殆どがスス(カーボン)ですので物理的に取り除くのが効果的ですが、黄色い汚れは殆どの場合が汗等の成分が変化した黄ばみであり色素です。

おはようございますオノウエです。

ですので、既に黄色くなってしまったお洋服の場合には黄色の色素を取り除く為に、どうしても酸素系漂白が必要になってくるんですね~。

 

夏物衣料にはお家では中々対処出来ない頑固な汚れや黄ばみが多いのでお洋服のメンテナンスはクリーニング屋さんにお任せして余った時間を有効に使いましょう

お家では発生してしまった黄ばみをお家で取り除く事は中々難しいです。
シッカリと油性のシミ抜きと水溶性のシミ抜きと部分的な酸素系の漂白を行う必要があるんですね。

お家では出来ないと思った場合には、染み抜きが出来るクリーニング屋さんで染み抜きをお願いすれば殆ど分からなくなるぐらいに綺麗になります。

お家で取り除く事が難しい理由の一つとして先ほどの説明にもありました通り、段階を踏んだ工程が必要になって来るからなんですね。

油性のシミ抜きと水溶性のシミ抜きと部分的な酸素系の漂白を順番に行う必要があるのです。

その中でも重要なのが一番最初の「油性の染み抜き」です。
油性の染み抜きはシミの一番上にある油膜を取り除きます。

その油膜を完全に取り除かないとその下にある水溶性の汚れや、色素変化の黄ばみを綺麗に取り除く事が出来ないんですね。

お家でのお洗濯で何をしても取れなかった少しだけ残ってしまったシミは、段階を踏んだ染み抜きを行い綺麗に取り除く事が出来ました。

勿論の事、お家での染み抜きでも段階を踏んだ染み抜きを行えば普通に洗うよりもピンポイントでシミや黄ばみを落とす事は可能ではあります。

出来れば淡色系の夏物衣料は黄ばみまでシミが成長する前のシミの段階で完全に取り除いてシーズン保管に挑みたいですね♪

ではでは~。

「夏物衣料の襟の黄ばみや黒ずみが取れない時のメールでのお問い合わせ」

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。