お洋服の色(色素)は皮脂汚れの除去時に汚れと一緒に弱っている色が取れて無くなってしまう事があります

生地の色(色素)は汗や皮脂の汚れが集中して湿気も含みやすくスレも発生致しますのです生地が弱りやすいのです

はい、お洋服の襟元や袖口の生地や色は汗や皮脂の擦れが集中しやすい部分ですので、ダメージが見た目にも非常に分かりやすく色が抜ける等の変化を見つける事が出来ます。

ただ、色が抜けを見つけてもどうする事も出来ないと思っている方も多く、大体の場合にはそのままに時間が経ってもっと酷くなってきます。

擦れにより傷んでしまった色(色素)は既に色素の結合が壊れている状態で付着しておりますので、その状態でお洗濯や漬け込みでの漂白等を行ってしまいますと色が流れ出てしまい変色や色抜け等が発生致します。

動いてしまった色は他の部分にも付着しやすくそれが色移りと言われる状態になります。

おはようございますオノウエです。

やはり汚れている状態での生地の放置は生地には勿論の事、色(色素)にもかなりの影響がありますので早めに対策してトラブルが起こらない様にメンテナンスしたいものですね。

 

直接お肌の触れる事の多い部分である襟元や袖口には生地は勿論の事どうしても生地よりも先に色(色素)が傷んで変化してしまいます

弱ってしまった色(色素)は雨などの水分でも簡単に動き易くシミの様に見える状態になってしまいます。

勿論その様なお洋服の生地の色(色素)が傷んでいる状態で水洗いのお洗濯や、クリーニング屋さんでのクリーニングを行えばそのタイミングで色が無くなってしまったり抜けてしまったり色移りしてしまいます。

そんな場合には弱ってしまった色(色素)だけを完全に取り除く様な特別な処置が必要になってしまうんですね。

それでも色(色素)が無くなっている事には変わらないので、今後に水の作用で動いてしまう色(色素)が無くなっても既に無くなってしまった色(色素)は無いままです。

ですが!

その色(色素)を再び入れ直して修正する特殊技術があるんですね。

それが「色修正(染色補正)」の技術です。

今回お預かりの襟部分のお肌が擦れやすい部分だけ色が抜けてしまったジャケットの襟も特殊技術の「色修正(染色補正)」で殆ど分からないぐらいに修正する事が出来ました。

もしも色が無くなってしまっても「色修正(染色補正)」という特殊技術を使えば、ある程度はお直しする事が出来ますので是非ともご相談下さいね。

着用するのを諦めていたあのお洋服もまた着用する事が出来る様になるかも知れませんよ♪

ではでは~。

【色が抜けたり変色してしまったお洋服のお直しのお問い合わせはこちらはコチラ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。