ポケット周りは物を入れたりする頻度が多くボールペンのインク等による染みや汚れが発生致します

白いワイシャツには擦れ汚れやボールペンのインクが目立ちやすく汚れが特に付き易い目立つ場所なので注意致しましょう

はい、今回のシミ抜き事例はワイシャツの胸ポケットの表と裏に付いてしまっボールペンにインクのシミ抜き事例です。

ノック式のボールペンの場合には先端をしまい忘れてしまう事も多く、ポケットに入れたつもりが入ってない状態で表側にインクが付いてしまう事もある様です。

お家でもシミ抜きすればある程度は綺麗にはなりますが、広範囲になってしまいますと中々取り除く事が出来ない状態になってしまいます。

おはようございますオノウエです。

こちら以前に書きましたブログですので参考にして下さいませ。
【ファンデーションやインクは油に溶けますのでお洋服に付いたらこうやって取りましょう】

 

特に使用頻度の高いお気に入りのワイシャツのポケット周りは擦れなどの摩擦で生地や色も変化しやすく場合に寄っては黄色く変色してしまう事もあります

皮脂汚れの付きやすい襟元、袖口、ポケット周りは擦れ等が発生していなくても、皮脂汚れが付いている場合が多く洗っていても残ってしまっている場合があるんですね。

その場合には洗いきれずに残ってしまった部分に付いている汗や汚れが劣化してしまい、部分的に生地の色が黄色や茶色等に変わったり色柄物なら色(色素)が抜けたり致します。

お洗濯をしてもシッカリと脂成分が落ち切れておりません場合には、その成分はお洋服に残りさらにその成分が凝縮されてしまい変化を起こし色(染料)が劣化してしまいます。

今回は完全にインクの汚れしか付いておりませんでしたので、特に漂白する事も無くインク取りの特殊染み抜きのみで綺麗に取り除く事が出来ました。

もしもお家でのお洗濯で取り切れないシミや汚れがございましたらぜひ一度信頼のおけるクリーニング屋さんへご相談下さいね♪

ではでは~。

【遠方からの場合の宅配しみ抜きクリーニングのご要望はコチラ

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会関西地域認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。