ボールペンのインクが濃く付いてしまった時には滲ませない様に気を付けましょう

ベタっと付いてしまったボールペンのインクは水分を含むと広がりやすいので気をつけましょう

 はい、ボールペンのインクがお洋服に付いてしまった場合には、ついつい洗剤を直接付けたり水を付けたりして取ろうとしがちです。

インクの種類には油性、水性、ゲルインクと色々ありますが、付いて直ぐの場合には水でも溶けて広がってしまいます。

そうなりますと大変ですよね。

もしもそうなってしまった場合には、熱を掛けずに自然に干して乾かしてからシミ抜きの出来るクリーニング屋さんに持って行き相談致しましょう。

おはようございますオノウエです。

基本的にボールペンのシミは洗剤や水では完全には落ちませんが、少しだけ付いた場合なら落とす方法もあります。

その方法はこちら⇒お家で油性ボールペンが付いたら慌てず焦らず対処すれば付いて直ぐなら意外に取れます

でも、お気に入りのお洋服などでどうしてもインクを取り除きたい場合にはご相談くださいね♪

 


お家で取れにくいボールペンのインク等のシミ抜き処理をされる場合のお洋服に関しては自己責任になりますのご注意下さい

クリーニング屋さんでは、ボールペンのインクの種類や状況に応じてのシミ抜き方法が沢山あり組み合わせるとかなりのしみ抜き方法があります。

ただし、クリーニング屋さんでしみ抜きを一度した状態で落ちなかった場合には、シミが定着してしまいます。

薬品を使用している事と温度もシミにかなりの高温をかけてしまっている場合が多く、シミを落としきれない場合にはその後にシミをしても完全に落とす事は困難な状態になってしまっています。

それでも、シミ抜きの出来るクリーニング屋さんならほとんどの場合は着用出来るレベルまではもっていけますのでご安心下さいませ。

今回の場合も綺麗に取る事が出来ました。

もしも気になるシミがある場合にはこちらまでご相談くださいませ♪

「お家ではシミが落ちなかったお洋服のお問い合わせはコチラです」

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。