汗やシミによる変色や退色の場合でもお洋服の色(色素)を再び入れ直して元の状態近くに修正する事が可能かも知れませんよ

製品染めの後染め顔料染めお洋服の場合には擦れに弱く濃色の黒や紺色の場合には色が白けやすいです

はい、色が変化する傾向としては真っ黒や真っ赤や真っ青等の原色で濃色のお洋服の方が顕著に表れる事が多いのですが、特に製品染め(後染め・顔料染め)と言われる顔料を使用したお洋服は着用頻度が多くなりますと白くなってしまいます。

顔料とはザックリと言いますと絵の具やペンキの様に生地の表面に色を付着させます。
ですので生地には色が殆ど浸透せずに生地の表面にしか色は乗っていません。

元の生地の色が白色だけあれば注文の入った色にツーオーダーで染めれば製造ロスも少なく色が染料に比べても濃いので原色が映えるんですね。

ですので当然の事ながら擦れ等の摩擦が起きてしまい色が削れれば、元の下にある白い下地の生地が出てきてしまう訳なのです。

おはようございますオノウエです。
染料は生地の糸に染み込んで染めますが顔料は表面だけに色を付けます、ザックリと言いますとそれが染料と顔料の違いなんですね~。

 

お洋服の襟元部分や脇部分の生地は着用時にどうしても身体とのスレや汗で傷んでしまい生地や裏地には摩擦によるスレや汗が集中しますので色が抜けやすい為に要注意なのです

お気に入りのお洋服の場合ですとついついヘビロテで着用しがちになってしまいますが、長く着用するにはやはり数点のお洋服を組み合わせて上手くローテーションする事が大事です。

摩擦によるスレなどの物理的なダメージは着用回数を減らすしか対策はありませんからね。
染料で染めたお洋服も同じ様にスレ等の物理的なダメージには弱いです。

次に汗や皮脂汚れの対策ですが、こちらは特殊水洗いをする事によりある程度は取り除く事が可能なんですね♪

特殊水洗いとは、W(ダブル)クリーニングやウエットクリーニングと言われる通常では水を使って洗えないお洋服を水を使って汗や皮脂汚れを処理する方法なのです。

この方法が出来るクリーニング屋さんに対応してもらう事によってある程度の色褪せの進行を止める事が出来るのです。

今回のお洋服は顔料染めでしたので顔料の色を再び入れ直して元の状態近くに修正致しました。
少し画像では確認しずらい感じに撮影してしまいましたが(笑)

もしも、色が部分的に褪せてきてしまった場合には無くなってしまった色を再び足す事によって、無くなったり変色してしまった色を目立たなくする色修正(染色補正)をおススメ致します。

色の変化部分の範囲が広すぎる場合には全体染めの方法もありますのでお困りの際にはお声掛け下さいね。

【色が抜けたり変色してしまったお洋服の色の部分修正や全体染め直しのお直しのご要望はコチラ

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。