クローゼットから出して見たら何にもなかったハズなのに黄色いシミ浮き出ていた事はありませんか?

時間が経って浮き出て来た古いシミは食べこぼし等の取りきれていないシミや汚れの場合が多く変化して簡単には落とせないシミになります

はい、特に今回の様な厚手の綿製品の場合には最近の節水タイプの家庭用洗濯機ではシッカリと洗えていない事も多く、洗浄後の濯ぎが十分にされていなかった場合には汚れが生地に残ってしまう事もあります。

汚れやシミだけに限らず、洗ったのに変な臭いがするのも濯ぎ不十分の可能性が非常に高いですね。

取り切れなかった汗や皮脂の汚れや食べこぼし等のシミの成分は、時間が経ってしまいますとこの様にシミになって顕著に現れて来ることもあります。

おはようございますオノウエです。

クローゼットに直す前には何にもなかったハズなのに、いざ着用をしようと思ったら黄色いシミが付いている場合の大半はこの様な後から浮き出るタンパク質系の食べこぼし等のシミなんですね~。

 

脇部分や襟部分等の黄色く広範囲にぼやけてある様な黄ばみはお洗濯で取り切れずに残った時間と共に変化して黄色くなった皮脂や汗等のシミです

脇部分や襟部分等に浮き出てきた黄ばみ等は皮脂の脂成分がシミの表面を覆っている事が多く、洗い直しや漂白を行う際には表面を覆っている皮脂の脂成分を先に取り除く必要があります。

そうしないとその脂の幕が水や洗剤や漂白剤の浸透を邪魔してシッカリとその性能を発揮できないんですね。

ですので染み抜きを行う場合には先ずピンポイントの染み抜きで表面の脂の幕を取り除くのです。

黄色く広範囲にある様な黄ばみは生地の状態にもよりますが簡単には取れないシミである場合が多く、既にシミではなく生地の変色に発展している場合もあります。

年代物のお品物やデリケートな素材の場合には生地の色(色素)が破壊されている事も多くその場合には色修正(染色補正)も必要な場合があるんですね。

今回の厚手の綿のセーターはギリギリ色修正(染色補正)は必要ない状態でシミを取り除き仕上げる事が出来ました。

例え1日しか着ていないお洋服でも皮脂汚れは付いている可能性が高いです。

クローゼットへ長期間保管の際には「しまう前洗い」を実践してシッカリと洗ってからお直し致しましょう。

それでも長期間保管の際に時間を掛けて変化して出てきたシミは、気が付いたらその時点で出来るだけ早めに対応致しましょう♪

【時間の経ってしまった染み抜きのご相談はこちらまでご連絡くださいませ】

ではでは~。

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。