お洋服の色が褪せてしまっても現状よりも濃い色に染める事によって変色を目立たない様に染める事は可能です

長期保管中にお洋服の肩や襟の色が褪せてしまっている洋服はありませんか?実はそれ何とかなるかも知れませんよ

はい、お洋服の色は長時間保管している間に着用していなくても色が褪せたり等の変化を起こしてしまう場合がありますがそんな経験はございませんか?

久し振りにクローゼットから出して見たら肩口や袖口が色褪せてしまっていた等々。

その原因は着用時にスレ等による物理的なダメージで色が弱ってしまい、保管中に色素が酸化してしまい時間と共に色が褪せてくる事もあるんですね。

他の原因には汗や皮脂の汚れが付いたままで時間が経ってしまったり、化石燃料のガスや温度や湿度等の影響で色が変化してしまいます。

お気に入りのお洋服も保管中に色が変化してしまったら、もう洗っても直す事は出来ませんのでちょっと悲しいですよね。

おはようございますオノウエです。

お洋服の色が変化してしまう原因は様々ですが、色が変化するという事はつまり色(色素)が何らかの現象に反応して変わって仕舞ったという事なんですね。

 

色を染め直す場合には生地が混紡の場合や生地にダメージが発生している場合には色を染める時に入りにくく上手く染まらない場合もあります

お洋服を染める場合には元々の色が淡色系の薄くて淡い色でしたらそれよりも濃い色に染める事によって、その色の変色した境目が目立たなくする様に染める事は可能です。

ですが、生地の組成の中に含まれている素材によっては染まらなかったりする素材もありますからその事を理解して頂いた上でのお仕事となるんですね。

お洋服を染める場合には天然繊維と化学繊維は別の違う種類の染め方で染めます。

ですので2種類以上の性質の違う繊維を混ぜて作られている混紡の場合には、部分的に上手く染まる部分と染まらない部分が出てくる可能性があるんですね。

ですので染(そめ)のお仕事は、ある程度ザックリとした理想の色に近い感じに仕上がるとしか言えないのです。

それでもお気に入りのお洋服がまた着用出来る様になれば嬉しいですよね♪

と言う訳で!
出来ないと思われがちですが「お洋服の全体染めのお仕事」も随時お受けしております!!

染める場合にはある程度の温度を掛ける必要がありますので、生地の状態が最初の状態に比べますと変化する事もあります。

その事もご了承いただいた上での「全体染め」でしたらもちろん可能ですので、お気に入りのお洋服が色褪せてしまった時には是非ともご相談下さいませ♪

勿論ピンポイントで色の褪せた部分的な染(そめ)も可能ですのでそんな時でもご相談下さいませ。

ではでは~。

【お気に入りのお洋服のザックリ全体染めご要望はこちらまでご連絡下さいませ】

クリーニングISEYAシミ抜き修復師オノウエノボル

尾上昇
尾上昇
大阪府吹田市五月ヶ丘北のクリーニングISEYA代表オノウエです。TeMA-クリーニングアドバイザーCA/京技術修染会認定修復師/京技術修染会特別認定講師/クリーニング師/と複数の専門資格を習得。

メディア:株式会社商業界発行・ファッション販売2016年12月号にて、衣類のお手入れガイドブックを掲載。

メディア:漫画家のふかさくえみさん作「鬼桐さんの洗濯」第2巻と第3巻の表表紙を開けた裏に参考資料として僕のブログである「onouenoboru.com」を掲載して頂きました。
ハッシュタグは「 #鬼桐さんの洗濯 」「 #ふかさくえみ 」 で検索。

メディア:吹田市男女共同参画センターデュオさんにて「プロ直伝 洗濯・アイロンのコツ~男性のための暮らしに役立つ簡単家事術~講座」開催いたしました。

”3度の飯よりシミ抜きが好き” ”休日はシミ抜き勉強会”こんなクリーニング師をはじめとする熟練スタッフが、お客様の”シミ”をお待ちしています。
お客様に喜んで頂く笑顔が一番のやり甲斐です。『うちのクリーニング屋さん』と呼んで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。